静岡市にて経営者向けセミナー(ダンスメディテーション)受講生の体験談

9、10、11月、月に1回ずつ、静岡市にて経営者向けチェアヨガ・呼吸法・瞑想セミナーを行いました。

もともと瞑想に興味があった方、全く瞑想とは何か見当もつかないけど来てみたという方など様々です。

セミナーの2、3回目からは、じっと座ってやる瞑想が苦手な方でもできる、「ウォーキング・メディテーション」と「ダンスメディテーション」を行いました。

いきなり瞑想をやってしまうと、「腰が痛くなって瞑想どころではなくなった」「じっと座っているのが苦痛で瞑想の集中力が切れる」ということがよくあります。

最初に、体を十分にストレッチし、動かしておくことで、自然と脳波を瞑想しやすい状態に変えていきます。

セミナーの内容

最初は、椅子に座ってできるチェアヨガをやって体をほぐしました。

次に、呼吸法で、エネルギー量をあげました。

ここまでで、体をリラックスさせながら、脳波をベータから、アルファ、シータに変えていきます。

途中、休憩を挟んでから、

ウォーキングメディテーションで、体を動かしながら、体感に意識を向けていきます。

そして、最後にダンスメディテーション。

2回目のセミナーの時は、感情解放のためのダンスメディテーション。

体を使うと、感情の解放は、より簡単になります。

頭で自分を納得させて、悲しみや怒りを手放すことはとても難しいですが、

体を使い、音楽のリズムに合わせ、呼吸を使っていくと可能になります。

体も、呼吸も、無意識(潜在意識)につながっているからです。

潜在意識の奥に入っていて、なかなか手放せない感情は、

潜在意識とつながって、手放していきます。

それが、ダンスメディテーションという手法です。

3回目のセミナーの時のダンスメディテーションでは、

チャクラを整えながらやっていくダンスメディテーションを行いました。

2回目まではより心理学的寄りのアプローチ、

3回目は、スピリチュアル的なアプローチになりました。

多くの参加者の反応や体験を見ると、やはり、スピリチュアル的なアプローチは、心理学的アプローチよりも深いものになりました。

受講生の体験

2回目までは、6割くらいの方が、「瞑想による静寂の感覚」がお分かりになり、

「このまま、ずっとこの静けさを大切にしたい」という感覚、

「心がすーっと静まっていく感覚」を感じ取られていました。

3回目では、さらに体験が深くなり、

2回目までに「瞑想状態ってどんなものですか?以前自分が体験した、スキューバーの体験と同じかな?」

と言われていた主催者の方も、

「宇宙に飛びました。時間の概念を超えますね。今何も話したくない。こんな感じなんだ、瞑想状態って」という感想を述べられていました。

瞑想状態というのは、「実体験」をしなければ分からないもので、誰かから、いくら言葉で説明を聞いても理解できないものです。

「瞑想状態ってどんなものですか?」と疑問に思う間は、瞑想状態を体験していません。

そして、その答えに対する、どんな言葉による説明も意味をなしません。

でも、瞑想状態を本当に体験すると、そんな質問は一切出てこなくなります。

「これが、瞑想状態なんだ」という言葉は出てきますが、

「私が体験したのは瞑想状態ですか?」という言葉や疑問は出てきません。

自分で疑いようのない体験をするからですね。

そして、瞑想状態を体験した方に共通することは、「話をしたくなくなること」です。

それは、「言葉の領域を超えたところにいくから」ですね。

「時間の概念を超えた」という声がありましたが、

時間だけでなく、空間も、つまり「時空」の概念を超えます。

それが瞑想状態なんです。

ダンスメディテーションは、特に、小さな箱に入っていた魂を自由に解放してあげることもできます。

これは、座ったままの瞑想では、少し難しいですし、かなりの時間がかかると思います。

私の感覚上、小さな場所から魂を解放してあげるのには、ダンスメディテーションが本当に効果があります。

無意識に自分自身を押し込めていた、自分の小さな枠を取ることができるから、

宇宙に飛んだ、時間の概念を超えた、というような体験もできるわけですね。

ご感想をお聞きする限り、大体6割の方は、瞑想状態を体験されたようです。

最後のフィードバックでいただいたご感想。私が覚えている限りの内容です・・・(アンケート取り忘れました)

・宇宙に行った。時間の概念を超えた。何も話したくない気分。言葉が出ない。

・自分は小さい箱なんかに入っていないと思っていたけど、ダンスメディテーションをしてみたら、自分がいかに小さな箱に入っていたかに気付かされた

・様々な感情をダンスで表現してみて、すごく表現しやすい感情と、逆に、とても苦手な感情があることに気づいた

・すごく心地いい。このままずっとこうしていたい。

・普段は子供が家にたくさんいて、一人で静かにいる時間がなく、時々、カフェに行ってそういう時間を持つことはあるけど、今日の時間は、一杯のコーヒーよりも贅沢な時間だった。

(また思い出したら体験談、追加します。参加者の方で、このブログを見られた方は、またご感想をお寄せいただけると幸いです)

3回のセミナーを終えての私自身の感想

2007年にインドに修行に行って、ヨガと瞑想を深めるまでは、

静岡でヨガ、コーチング、ダンスコーチング(オリジナルのプログラム)を教えていました。

2007年以降は、ほとんどダンスの出番はなかったのですが、

今回、静岡に呼ばれて、およそ、16年ぶりでしたが、ダンスプログラムが自然に戻ってきて、自然に実施していました。

なんと説明すれば伝わるのか、表現が難しいのですが、自分の頭で考えて、これを計画したわけではなく、

自分のマインドを超えた領域、言葉では説明できない領域から起こっている感じです。

最後に、お世話になった方々へ 感謝

今回のセミナーを主催してくださった妹尾さん、16年ぶりに懐かしく再会できた影山さん、ありがとうございました。

私の16年ほど前にお世話になっていたファシリテーションの師匠「マロさん」も、山梨からプログラムに参加してくださり、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!