劣等感のある人同士が足を引っ張り合う構図

宇宙の叡智と繋がって過ごしていると、直感で、いろんなことが見えてきます。

パーンと、物事の真理や、構造などが、一瞬にしてインストールされて、理解できる感じです。

今日はこんな直感がやってきました。

劣等感のある人同士が足を引っ張り合う構図です。

これは、特に、夫婦関係や、仲良しの友人関係で起きています。

どちらかが、次のステージに行こうとする時、もう一方が足を引っ張ります。

なぜなら、最初に、劣等感のあるもの同士が、引き合って、くっついたからです。

どちらかが、上に行こうとすると、「おい、自分だけ置いていくなよ」と、無意識に相手を妨害しようとするのです。

だから、あなたが自信を失うようなことを言ってきたりします。

それを間に受けてはいけません。

あなたの自信をわざと失うようなことを言って、あなたのエネルギーを下げているのです。

あなたが、自分の能力や本当の美しさに気づいちゃったら、相手は困るわけです。

自分のことを無能で、醜くて、誰からも愛されない弱い人間だと思い込ませておいた方が、自分から離れていかないことを、無意識に知っているからです。

悪意があってやっているのではなく、本当に無意識な反応として起きています。


あなたがもし、美しくて、可愛くて、愛されるキャラだとして、

それをよく思わない友人がいたら、

あなたが「愛される」ポジションから引きずり下ろすために、いろんなことをしかけてきます。

それは相手の嫉妬から出た行動なのですが、あなたは自分が悪いのだ、自分が劣っているのだと勘違いしてしまいます。

すごく美しいのに、醜いと思い込んでしまったり、

すごく才能があるのに、無能だと思い込んでしまったり、

いろんな可能性を活かして羽ばたいて行けるのに、せっかくの能力を活かせないで時間が過ぎてしまうのです。

こうして、あなたへの嫉妬を持った人たちからの言葉を鵜呑みにしたあなたは、自分の可能性を閉じ込めて、魂を閉じ込めたまま生きてしまいます。

そのことに気づいてほしい。

私と一緒にダンスセラピーをして、檻の中に閉じ込めた魂を自由に解放していきましょう。

error: Content is protected !!