真理は美しい 迷った時の判断基準

あなたは、ご自分が何を選んだらいいのか?

選択した、これを信じ続けてもいいのか?

と悩む時があるかもしれません。

心には、違うかもしれない、という疑いが浮かぶけど、

頭では、いやきっと大丈夫なはずだと思い直す。

または、その逆もあるかもしれません。

魂はGOというけど、頭が否定する。

どちらを選択すればいいのだろう?と。

こんな時、私なりの判断基準を今日は皆さんにお伝えしたいと思います。

私が思うのは、「真理は美しい」ということ。

あなたが迷っている対象が、あなたにとって「美しい」と感じるかどうか。

「この選択は、正しいか、正しくないか」

「こっちで良いのか悪いか」

では答えを出せない時。

「美しいかどうか」なら、すぐに分かります。

私は、インドに2007年に初めて行った時、

寺院でサンスクリット語の詠唱を聞いた時

美しくて涙が出ました。

ヴェーダ哲学の教えを聞いた時、美しくて惚れ惚れしました。

瞑想をして、世界のすべてが光り輝いて見えた時、その美しさに魂が震えました。

と心が揺さぶられた時に、私は、その道を選択してきました。

人は真理に触れる時、顔が美しく輝きます。

セッションを受けてくださる、クライアントさんたち、生徒さんたちから、セッション後に見せていただく、神々しい美しさ。

真理から発せられる言葉のバイブレーションの美しさ。

頭からの声と、魂からの声は、バイブレーションの美しさが違います。

あなたが、今まで信じてきたことが、あなたにとって真理なのであれば、今日、鏡にうつる顔は、きっと美しいはず。

顔は日々変わっています。

声だって。真理の響きは美しい。

嘘を話す時は、声がくぐもるもの。

真理に近づけば近づくほど、全ては美しくなります。

ぜひ、「美しいかどうか」を基準をヒントにしてみてくださいね♪

error: Content is protected !!